クリニックについて

<目次>
医療連携について
院内の待ち時間など
院内をグーグルで見ることができます
お会計について
治療について
救急外来を受診された後も症状が続いている方
群発頭痛の酸素療吸入療法について
インフルエンザについて
精神科/心療内科から処方を受けている方へ
薬の数を減らす「減算処方」、長期処方とジェネリック医薬品
「安定剤」や「睡眠薬」の処方について
検査結果をお渡ししております
他院おかかりの方
利益相反(COI)について
当院は気圧と健康、起立性調節障害についての能力を持ち得ません
保険診療から物品販売への誘導を行っておりません
クリニックの内装については分解と再構築ができるドイツから輸入されたシステムである

医療連携について

当院は、東京医科歯科大学や東京大学の医師も勤務しています。
また、近隣の大学病院・総合病院と密に連携をはかってまいりました。

関連医療機関登録の医療機関(登録順)
東京医科歯科大学附属病院
日赤医療センター
九段坂病院
三井記念病院
東京大学附属病院

院内の待ち時間など

当院の待ち時間などは、アイチケットをご参照ください。

院内をグーグルで見ることができます

院内をグーグルで見ることができます。
秋葉原駅クリニックの院内ビュー

お会計について

Suica/スイカ、Pasmo/パスモのシステムを東京で初めて、日本の都心でも初めての試みとして導入しました。

治療について

当院では、医療上必要とされる医療行為以外は行っておりません。「元気を付ける点滴」、「カゼを直す点滴」や花粉症のステロイド筋肉注射も行っておりません。
市中感染症はほとんどウイルスによるものであることと、患者様に耐性菌を発生させることを抑え、膣カンジダ症や、偽膜性腸炎などの合併症の併発を防ぐため、抗生物質の処方は患者様の体のことを考え、必要最小限にとどめてまいりました。

救急外来を受診された後も症状が続いている方

救急外来を受診された後も、頭痛、胸痛、腹痛などの症状が続いている場合は、おかかりになられた救急外来、総合病院を再度受診されることをお勧めします。
「夜間の検査にて異常が無いから町医者へ」というのは危険です。救急外来を受診せざるを得なかった症状が、突発的に起きたことに臨床的意義がございます。
徒歩で当院にかかられた直近に救急診療を受けられた方で、くも膜下出血、脳動脈乖離、虫垂炎からの腹膜炎、喘息の重積発作、卵巣嚢腫の捻転、心筋梗塞の切迫などの方がいらっしゃいました。。
しかしながら、弱小クリニックの当院には最低限の設備しかございません。総合病院には、様々な種類の医療者と医薬品、設備などが整えられております。

群発頭痛の酸素療吸入療法について

当院では群発頭痛の酸素吸入療法には準備かなわず対応できておりません。ご所望の方は対応医療機関様を受診のほどお願い申し上げます。以前、当院通院中であった患者様におかれましても、対応されている医療機関受診をお願い申し上げます。

インフルエンザについて

長年、近隣の企業様に往診のインフルエンザワクチン接種を行ってまいりました。ご希望の企業様に置かれましては、9月に入りましたらご連絡頂けると幸いです。
また、当院ではインフルエンザ簡易検査につきましては、デジタル表示されるレーザー読み取り機を用いて判定しております。その結果をスマートフォンで撮影し、勤務先や就学先にお見せするだけでほとんどの場合大丈夫でした。携帯で画像データをSNSで送り、所属システムから病欠や有休、休学許可をその場で得ていた方も散在されました。
また、しかるべき治療を行い経過を経れば通常、完治証明書は不要です。
当院は、企業様と連絡を取り合い、患者様のお時間、費用の負担を最小限にする努力を続けてまいりました。

精神科/心療内科から処方を受けている方へ

心療内科は、心身両者の不調を治療する専門科です。
当院は、総合内科、神経内科であり内科系のクリニックです。精神科・心療内科、他院に通院されている方につきましては、主治医の先生の加療に影響を与える可能性を有する治療を行うことができません。
また、「心療内科」の先生方は、精神だけでなく身体的な加療方法も体得され、内科的加療を行うことができるスペシャリストでもあります。したがいまして、体の不調につきましては心療内科の主治医の先生にご相談なられて、ご加療されますようお願い申し上げます。

薬の数を減らす「減算処方」、長期処方とジェネリック医薬品

薬の数を減らす「減算処方を基本方針としております。また原則として大学病院外来の時と同様に処方日数を長くする「長期処方」を開業以来行ってきました。
一方、保険診療のルールにより頓服薬の回数は厳しく制限されております。お手数ですが、必要に応じてなにとぞ再診をお願い申し上げます。
また、どの薬剤も患者様のご希望にそって薬局でジェネリック医薬品に自由に変えて頂くよう配慮申し上げております。
当院は保険診療医療機関のため開業以来、治療目的の点滴以外の「元気をつけるための点滴」「カゼが良くなる点滴」、「サプリメントの販売」などは一切行なっておりません。アレルギー治療のためのステロイド筋肉注射治療も行っておりません。市中感染症は、ほとんどウイルスであるため、無効な抗生物質も必要最小限にさせていただき、ほとんど処方してきませんでした。

「安定剤」や「睡眠薬」の処方について

内科系クリニックのため、原則として「安定剤」や「睡眠薬」(いわゆるベンゾジアゼピン系薬剤)の処方は控えております。睡眠障害の方は、精神科系クリニックのご受診をお願い申し上げます。

検査結果のための再診は必要ありません

当院は患者さんがご自身の検査データや薬剤情報を全て保持すべきだと考えています。そのため、血液検査結果などは当院持ちで郵送申し上げています。問題が無い場合は、結果を聞きに来るためだけにご来院する必要はございません。
当院ではさまざまな断層画像も、DVDロムにしていただき患者さん自身にお渡ししております。

他院おかかりの方

他院にかかられお具合が悪化した場合のご相談や処方薬についてのご相談などにつきましては、患者様の状態を最初から御存知の治療や処方をなされた先生にご相談なされるようお願い申し上げます。当院は、なんらの文言も申し上げる能を有しておりません。

利益相反(COI)について

当院は、大学病院と同様の国際的な立ち入り制限規範に則って運営されています。
患者様がいらっしゃる場所へのMR(医薬情報担当者)さんの訪問やビル共用部分での待機は、控えていただいております。
また患者様の治療を第一としている当院といたしましては、処方に影響を与える可能性を持つ会合出席要請や弁当付き「勉強会」などのお申し出は利益相反に抵触する可能性があると考えており一切をお断りしております。申し訳ございません。資料やステーショナリー類も辞退させていただいております。資源の節約のために、お控えいただければ幸いです。

当院は気圧と健康、起立性調節障害についての能力を持ち得ません

スカイツリーの展望台の気圧は、大型台風の中心気圧よりも低いことをNHKやBSでお話ししてまいりました。頭痛には、月経周期、多忙、睡眠リズム障害、気分障害などのほうが、はるかに大きな影響力を有するという立場で診療行っております。冬期の間、東京は天気が崩れることはあまりありませんでしたが、頭痛が周期的に襲ってきたかたは多かったのでは無いでしょうか。
また、小児科を標榜しておりませんので、小児の頭痛や小児期にのみ発症する起立性調節障害を拝見することも叶いません。なにとぞ、小児科を受診されますようお願い申し上げます。

保険診療から物品販売への誘導を行っておりません

当院には管理栄養士が勤務しており、彼らから専門的指導をおこなっています。すべて保険診療です。プロテイン、栄養補助食品のたぐい、テキスト販売などは全くおこなっておりません。

クリニックの内装については分解と再構築ができるドイツから輸入されたシステムである

アインリヒテンIP20を導入しております。今回の予想外の移転時にも、旧クリニックのシステムが現在のクリニックとして、全てドイツから海を渡ってきた新しいip20 Einrichtenとのユニットと共に稼働しております。
廃棄することなく、環境に優しい循環型システムであることを実現しました。設計図の一部を待合室に掲示しております。

当院ウェブサイトについて

患者様のお電話や情報伝達のファックス、紹介患者様の医療機関との連絡などで回線が常に混雑しています。各種営業の電話はお控え頂きますよう、お願い申し上げます。

2019/06/24