おしらせ

<救急外来にかかられた後に症状が続いている方>、救急病院にかかられたのちも頭痛、腹痛、胸痛を始めとする症状が続いている場合は、時間が経過し初診時隠れていた重大な疾患が顕在化していることがございます。直近に、救急病院を受診される必要が生じた痛みや辛さが発生したことには臨床的意味がございます。「(夜間検査で)何もないから町医者へ」というのは危険で、つらい症状が続く場合は救急病院再診が安全です。
前日救急にかかられ当院に徒歩でいらした患者様が、くも膜下出血などの重大脳疾患、脳動脈解離、脳動脈瘤や腹部大動脈瘤切迫破裂、卵巣嚢腫の捻転や外妊など婦人科系疾患、虫垂炎からの腹膜炎、喘息発作による高度の呼吸障害など命にかかわる疾患にり患されていることもございました。
救急隊に搬送していただき、元受診された救急病院へ入院される事例が多数起きております。当院では無く、最初にかかられた 医療診断、治療技術の高い救急病院を診断検査が十分行える午前中に再受診し、症状が継続したり悪化したりしていることを医師に相談するようお願い申し上げます。総合病院であっても時間外の検査には、大きな制限がございます。夜間のCT撮影で判然としなかった病変も、昼間のMRIで発見される異変などもございます。



<頭痛の初診の患者様へ> まず受付前にご相談ください
受診患者さんが多い場合には、待ち時間が長くなることもございます。最初の待ち時間だけで、数時間かかることもあります。日によって変動します。
また、頭痛の初診の患者様におかれましては、検査が必要な場合さらに時間を要します。診断処方まで長時間要することもございます。ご家族が待たれていたり、仕事やご帰宅の事情などによる時間的制約がある際には、受付前にお申し出、もしくはご相談頂けると幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

・待ち時間の目安は アイチケットをご参照ください。 「アイチケットの受付は、午前午後とも開始時間の1時間後から開始」となります。
(人数の上限に達した場合、オンライン受付が停止いたします。)

群発頭痛の酸素療吸入療法
当院では群発頭痛の酸素吸入療法には準備かなわず対応できておりません。ご所望の方は対応医療機関様を受診のほどお願い申し上げます。以前、当院通院中であった患者様におかれましても、対応されている医療機関受診をお願い申し上げます。




常勤の医療事務さんの募集を開始いたしました。ご本人の連絡以外の推薦などは受け付けておりません。
クリニックまでお電話頂けると幸いです。看護師さんの募集は終了いたしました。ご応募頂いた看護師の皆様、看護協会の皆様に深謝申し上げます。



小学館のWoman Insightに頭痛の話題が掲載されています。患者様へのご説明をもとに出版社の方と協力し作製いたしました。無料公開いたしましたので、情報を得るためだけに受診する必要はございません。資料の無料公開は、患者様に余計なご負担をおかけしない当院の方針に沿ったものです。当院は、無料のウエブサイト・サービスが浸透した社会情勢を鑑みて診療を進化させてまいりました。
・頭痛外来では、妊娠出産に影響のない治療をめざしております。秋葉原に開業後十数年以上にわたる治療の過程で、可愛らしいお子様が誕生された患者様も沢山いらっしゃいます。妊娠、授乳期のご相談にも乗ってまいりました。
・当院は小児科を標榜していないため、原則、小児の頭痛や感染症は拝見することがかないません。小児科の先生にかかられますようお願い申し上げます。また、そういった能力も有しません。



・薬の数を減らす「減算処方」を基本方針としております。また原則として大学病院外来の時と同様に処方日数を長くする「長期処方」を開業以来行ってきました。慢性疾患の処方薬の処方日数制限は撤廃されております。安定されている方では、150日処方も増えてまいりました。
・一方、保険診療のルールにより頓服薬の回数は厳しく制限されております。一回に処方できる回数、ひと月に処方できる数などは、厳しく制限されております(地方によって処方可能頓服回数はことなります)。お手数ですが、必要に応じてなにとぞ再診をお願い申し上げます。
・また、どの薬剤も患者様のご希望にそって薬局でジェネリック医薬品に自由に変えて頂くよう配慮申し上げております。
・当院は保険診療医療機関のため開業以来、治療目的の点滴以外の「元気をつけるための点滴」「カゼが良くなる点滴」、「サプリメントの販売」などは一切行なっておりません。アレルギー治療のためのステロイド筋肉注射治療も行っておりません。市中感染症は、ほとんどウイルスであるため、無効な抗生物質も必要最小限にさせていただき、ほとんど処方してきませんでした。



・当院の様子はグーグル(Google)ストリートビューにてアクセスできます。グーグルの仕様書に従い、認定作業者さんに制作して頂きました。中の方にもお褒めいただきました。



・お待たせする時間を少しでも減らすため、火曜日午前中(不定期に金曜日午前中)は東京医科歯科大学神経内科の山田医師との併診を行っています。お手伝いいただく東京医科歯科大学の先生の増員も計画しております。(長谷川医師は休職中ですが、再開予定です)
・カウンセリング室が併設されています。保険診療内での糖尿病や高血圧などの代謝病に対する管理栄養士からの栄養指導を毎週 火曜日に行っております。減算処方・お薬の減量を目指しています。管理栄養士は2名勤務しています。栄養指導には、自費診療はございません。プロテインや体質改善のたぐいの栄養補助食品なども取り扱っていないため、物品販売へ誘導することは一切ございません。
・もともと検査機器も最小限に抑え、検査も必要最低限にしているため、受診費用が高額になることはございません。ご安心ください。




<検査結果のための再診は必要ありません>
採血結果や画像診断などほとんどの検査結果はクリニックの費用負担で、コメントを添えて郵送させていただいております。結果を得るためだけに再来する必要はございません。開業時から他院にかかるときにもお困りにならぬよう、データを御自身で管理するシステムを採用してきました。


<インフルエンザ簡易検査後の診断書料は不要>
プレートに明記された患者様のIDとともにレーザー読み取り機に液晶表示される検査結果をスマートフォンで撮影していただいております。診断書の無料化の試みです。
4年以上経過していますが、ほとんどの企業様は、このデジタル結果のみで十分対応可能でした。携帯電話で総務課や学務課にSNSでデータを送り、勤務先や学校から返信を即座にいただき、その場で病欠の決済や有休許可、学校の病欠許可が得られた方も多く見受けられました。
また、きちんと治療を経てしかるべき経過を経ていれば〝完治証明書〟は通常不要です(リンク先は厚労省HP)。当院は、診断書代も含め保険診療以外の自費負担及び、時間の浪費が極力発生しないように、近隣の企業様及び患者様と相談して環境を整えてきました。



<他院おかかりの方>他院にかかられお具合が悪化した場合のご相談や処方薬についてのご相談などにつきましては、患者様の状態を最初から御存知の治療や処方をなされた先生にご相談なされるようお願い申し上げます。当院は、なんらの文言も申し上げる能を有しておりません。



・NHKやBS、ラジオでお伝えしてますとおり、医学的妥当性に鑑みて当院では気圧と健康については否定的です(気温は関係することがあります)。そのため、そういった相談や起立性調節障害のご相談には対応する能力を持ち得ません。申し訳ございません。
・内科系クリニックのため、原則として「安定剤」や「睡眠薬」(いわゆるベンゾジアゼピン系薬剤)の処方は控えております。睡眠障害の方は、精神科系クリニックのご受診をお願い申し上げます。



<精神科/心療内科から処方を受けている方へ> 心療内科は、心身両者の不調を治療する専門科です
当院は、総合内科、神経内科であり内科系のクリニックです。精神科・心療内科、他院に通院されている方につきましては、主治医の先生の加療に影響を与える可能性を有する治療を行うことができません。
また、「心療内科」の先生方は、精神だけでなく身体的な加療方法も体得され、内科的加療を行うことができるスペシャリストでもあります。したがいまして、体の不調につきましては心療内科の主治医の先生にご相談なられて、ご加療されますようお願い申し上げます。




<お具合が極端に悪い方>当院には最小限の設備しか用意されておりません。お具合がとても悪い場合には、近隣に多数ある優秀な救急外来を受診されるようお願い申し上げます。近隣の救急外来には、熱意をもった優秀な医師やスタッフが集まっております。




・近隣の複数の医療機関の閉鎖が続いております。お困りの方におかれましては、当院は待ち時間が長くご迷惑おかけしてしまうため当面必要なお薬を処方させていただいたうえで、原則として地元の適切な医療機関をご相談の上ご紹介しております。



<ご高齢の方、異動された方>
ご高齢の方で、遠方より来院される道中の飛行場や駅などで体調を崩される方が散見されるようになりました。ご家族が同伴されていても主治医の先生のご許可なくしては治療変更のご相談に乗ることは叶いません。また、待合室で待つことや日帰りの日程も、お体に負担になります。
もとより、当院にはわざわざご来院いらっしゃる価値はございません。かかりつけの先生の元で御加療やご相談をしていただけますようお願い申し上げます。
長年ご通院頂いている患者様におかれましても、勤務地異動などにつきましては待ち時間が少ない地元などの医療機関に御紹介を続けております。当院で長時間お待ちになられるよりも、予約制の総合病院の方が至便な場合もございます。何とぞ、ご理解のほどお願い申し上げます。



・私共は、著明な方や高貴な方のご紹介の方であっても通常どおりの手順での診療を行ってまいりました。そのため、ご迷惑をおかけしてしまうこともございました。当院が社会的に大切な方々の障害にならないよう、ご相談して他院への通院をご案内申し上げてまいりました。紹介のお申し出も、引き続き辞退申し上げております。なにとぞVIP窓口を持たれている、しっかり整備された医療機関のご利用を御検討いただけますようお願い申し上げます。



・当院勤務の大和田(医師)、長谷川(医師)は、東京医科歯科大学所属の総合内科専門医であり神経内科専門医です。大和田は、臨床教授を兼任し医学部で授業を受け持っております(不定期)。また、管理栄養士の講師を続けております。山田(医師)と長谷川医師(休職中)も同大学大学院所属で診療を行っている内科医です。当院は国立県立都立や赤十字病院などの公的教育機関や医療機関で教育と訓練を受けてきた医師で構成されています。



・日頃より応援頂いている聖路加国際大学看護大学長 井部俊子先生にも深謝申し上げます。
2017年3月1日より、千代田区佐久間町2−1大原ビル4Fへ移転しました。(妊娠とご出産、成長されたご子息のご相談などと長期処方があいまって数年おきにいらっしゃる患者様も多いため掲示を続けています。)



「ガクセイト」(学研)でサーカディアンリズムについて解説しています。
「キザシ」(博報堂)に、取材記事が掲載されました。
TARZANにバタフライの松田丈志選手との対談が掲載されました。医療的栄養運動アドバイザーとしてのお仕事の一環です。



・当院のウェブサイトは本サイトのみです。患者様の見えないところで、クリニックに有利になる有料/無料のマーケティングをすることは当院の意に反する行為です。そのため、クリニック紹介、院長紹介、患者様の声紹介などのクリニック紹介サイトの掲載は一切お断りしております。
患者様のお電話や情報伝達のファックス、紹介患者様の医療機関との連絡などで回線が常に混雑しています。各種営業の電話はお控え頂きますよう、お願い申し上げます。


・<利益相反(COI)について>
当院は、大学病院と同様の国際的な立ち入り制限規範に則って運営されています。
患者様がいらっしゃる場所へのMR(医薬情報担当者)さんの訪問やビル共用部分での待機は、厳しく控えていただいております。
また患者様の治療を第一としている当院といたしましては、処方に影響を与える可能性を持つ会合出席要請や弁当付き「勉強会」などのお申し出は利益相反に抵触する可能性があると考えており一切をお断りしております。申し訳ございません。資料やステーショナリー類を頂戴しましても、事務サイドで一律その場で破棄しています。当院は、原則として製薬メーカー名が入った物品は保持しません。資源の節約のために、お控えいただければ幸いです。MRさんとのお付き合いも長らくないため、当院では「担当交代」の存在理由も失われつづけております。
「イエローペーパーなど緊急時」や「我々が情報提供を必要とし、ご連絡申し上げた時」のみ皆様がお持ちになっている医療機関地図に認識される存在であり、通常は透明で不可視です。国公立大学病院同様の、COIに違反せず人間関係に依存しないフラットな標準治療を行う医療機関のインフラ化へご協力いただきたく申し上げます。たいていのお話は、医局の会合やメーリングリストでお伺いしておりますので問題ございません。



・上記記載のことがらは、東京医科歯科大学から派遣される医師たち全員が共有しています。電子カルテをもちいて、情報の共有もしております。標準治療を基準に診療しているため、どの医師が拝見しても同レベルの医療および検査と診断を行い、それに基づいた診断と加療を行っております。協働して医学会発表など行い、結果を残してきました。
また、上記の患者さまに最小限の負担で最高の保険診療医療をお届けするという意思は、どの医師も共有しています。時代の変遷がございましても、当院の開設当時のこのシステムが変化する事はございません。クリニックに勤務する医師が交代しましても、我々が目指すものが変化する事はございません。



当院は未来をかたちづくっていく女性に優しいシステムを目指しております。妊娠出産による医師やスタッフの勤務中断や再開などスタッフが交代できるように力を注いでおります。診療に支障をきたさず、かつ、女性医師やスタッフが復職し勤務を続けられるようなシステムの構築を目指しています。お待ちの患者様も多い長谷川医師も復職予定です。
我々スタッフは、患者様に救われ続けてまいりました。今後とも末永くお引き立て頂きますようお願い申し上げます。




◇   ◇   ◇        ◇


・週刊文春に「スーパー開業医」に引き続き、「老けないシリーズ」に掲載されました。別冊になるほどの、人気連載です。どうぞご参照いただけると幸いです。(2018年5月)
・文藝春秋ムックに掲載されました。(2018年2月)
『ゴロ勉』に重版がかかりました。アマゾンのカテゴリー内1位をつづけています。本を購入すると、中にイケメン声優さんの音声で語呂合わせが聞けます。大和田も医学監修しながらスタジオで録音をつづけました。どうぞご利用ください。
のほほん解剖生理学が10万部を突破しました(2018年2月)。深謝申し上げます。
2017年9月BS日テレ『深層NEWS』にて秋の体調不良についてスタジオでお話ししました。(リンク先は読売新聞社)
・2017年3月12日月曜日にSCIENCE主催の会合に招待され出席いたしました。ナノマシンや医療ロボット、介護ロボット、新規マテリアルを用いた未来の治療方法についての工学医療連携の会合でした。
・「おかあさん新聞」(朝日新聞社の特別号)に魚食やオメガ3の記事が掲載されました。(2017年)


◇   ◇   ◇        ◇


「いちのゆめ ひかりのや」を公開しました。


◇   ◇   ◇        ◇


・ウエブサイトの医療校正を行いました。(2018年5月-10月掲載予定)
・文藝春秋に掲載されました。(2018年4月)
・メディアの医療監修、ウエブサイトの医療監修を続けることになりました。(2018年4月~)
・NEWS ZEROに医療的アドバイスをいたしました。(2018年3月)
・文化放送のハピリー!など複数のメディアで頭痛のお話をしました。
・週刊文春さんの「老けない最強肉」や「老けない最強魚」、「老けない最強野菜・フルーツ」に取材協力しました。(2018年)
・複数の医学書の出版やウエブサイトの監修を行っております。(2018年)
・TVプログラムのラクナ梗塞と嚥下障害の取材協力を行いました。(2018年)
・NHKや民放の報道番組、林修先生の番組の取材協力をいたしました。(2018年)
・複数の新聞にご協力を続けています。
・NEWS ZEROやワイドスクランブルで冬の体調不良で気を付けること、についてお話ししました。
・日刊ゲンダイ、夕刊フジに「インフルエンザ」についての連載が掲載されました。(2018年)
・2017年10月「からだにいいこと」に糖尿病の話題が掲載されます。
・サンデー毎日に秋の体調不良、秋バテの話題が掲載されました。
・2017年9月ベースボールマガジン『けんいち』にオメガ3の記事が掲載されました。抗炎症作用などについて幅広くお話しています。
・2017年4月NHKで気温と体調不良について患者さんとともにお話をいたしました。
・2017年羽鳥慎一モーニングショーやビビッド、ワイドスクランブル、あさチャン!などのお手伝いをしました。
・サンデー毎日、FLASH、女性自身などで糖尿病や痛風のお話をしました。
・2017年7-8月NHKのクローズアップ現代のお手伝いをいたしました。ご協力頂いた患者様がたに、深謝申し上げます。
・林修先生の番組を時々お手伝いしています。今回は、夏の食材特集でした。
・TV、ラジオ、新聞、雑誌、本などのメディアにおいて、「季節で気をつけること」や「インフルエンザ」、「牛乳や乳製品」、「腸内フローラ、腸管粘膜免疫、脳腸相関」などの各種医療テーマでお話をしたり、コラムを連載したり、取材が掲載されてきました(複数)。今後も、継続的に取材記事が掲載されています。
・セミケトンダイエットに役立つ糖質量チェックブックが上梓されました。
・当院からは、いわゆる「クリニック紹介サイト」、「院長紹介サイト」などへの掲載依頼はお断りしております。当院の情報は、本サイトのみとなります。
・Googleグーグル社の認定を受け、当院がストリートビューで公開されました。
・「女性自身」に春の体調不良への取材記事が掲載されました(4月14日)。
・渋谷ヒカリエで行われた頭痛のシンポジウムでシンポジストの一人としてお話しいたしました。
・MONOMAXでトクホの話題について掲載されました。SPA!では、糖尿病や尿酸についての取材記事が掲載されました。(2007年〜2017年)
・クリニックの移転にご尽力頂いた各方面の皆様に深謝申し上げます。SUICAメカトロニクスやNTTの方々などソフトウエアの方々を含め、様々な分野の皆様とチームを形成することができたことが私共スタッフの喜びです。また、サイト構築など各方面IT支援チームの方々にも深謝申し上げます。
・メディアの掲載情報は一部です。
・本サイトはGMOの社員でいらした七條様のサポートで作られています。クリニック紹介、院長紹介、患者様の声紹介などのクリニック紹介サイトの掲載は一切お断りしております。関係者さまへのお問い合わせもお控えいただきますようお願い申し上げます。

診療時間

診療時間
10:00~12:30 ○※ ○※ × ×
14:30~17:30 × ×
土日祝祭日は休診です。※火曜日、金曜日の午前中は山田医師(内科、神経内科)と大和田が担当致します。

駅からすぐ、安心の医療を

owada2診療科は内科/神経内科です。著書を用いた片頭痛や緊張型頭痛などを拝見する頭痛外来も好評です。頭痛は肩こり、めまい、吐き気など多彩な症状を伴いますが、そもそもの頭痛を起こしにくい様にする治療は大変に好評です。カゼなどの一般の病気はもちろん、メタボリック症候群(高血圧、糖尿病、脂質異常症)の診療も行っております。めまい、花粉症のご相談なども承ります。

内服薬を用いる際には、ジェネリック薬を全面的に採用申し上げております。ジェネリック薬についての取材記事や著書もございます。東京、大都市圏初の、お支払いにSUICAやPASMOが可能なクリニックです。循環型社会におけるエコロジカルな未来型クリニックを目指しています。 診療の内容などは各種メディアに取り上げられました。「これまで・これから」をご参照ください。

頭痛のお話

heada頭痛はつらいものです。『頭痛ぐらいで・・・』と受診をためらうかもしれません。市販の頭痛薬で様子を見ているうちに、効きが悪くなり、頻発してしまうことが多いものです。
子供さんに起きる頭痛も同じです。頭痛薬をより強い物に変えたり、痛み止めの薬の量を増やしたりしても、頭痛からは解放されません。
かえって状況を悪化させてしまいます。大切なことは頭痛を起こしにくい体を取り戻すことです。そうすれば、治療薬も少なくなり楽に過ごせます。頭痛の起きる医学的なメカニズムに基づいた治療が行えるようになりました。頭痛ダイアリーや資料は無料で準備しておりますのでご安心ください。
小学館のWoman Insightに頭痛の話題が掲載されています。どうぞご参照ください。
>頭痛の治療方針を見る

ブログ「やさしい医療を目指して」

blog著作、共同通信の全国配信される記事や、新聞の医療コラムなどの医療コラムニストの仕事を行ってきました。また、各種メディアにて脳やカラダを護ることを目的として、栄養運動アドバイザーとしてもお手伝いさせていただいております。日々、変化する様々なことについてお書きしています。
>ブログを見る

2018/05/17